忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.07.22 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セリエA・2010観戦記 - 11. ASローマvs.インテルを観戦② -

スタディオ・オリンピコには、続々とロマニスタが集合しつつある。

ac24d8aa.jpeg

















セキュリティーゲートで、係員にチケットとパスポートを提示し、本人確認、荷物チェック。

スタジアムに入ると、「La roma MATCH PROGRAM」をくれた。
内容は、ローマの選手紹介や日程表と順位表、インテルのチーム紹介等。
ただし、イタリア語。

874e6a30.jpeg























写真左は、AS ローマのグッズ紹介。
右は、デ・ロッシ(ローマ)とスナイデル(インテル)。
今となっては、長友となかよしのスナイデル。
この2010年9月時点、長友は、AC チェゼーナ。残念。

クリックで拡大
a5e27027.jpeg

















私たちが購入したチケットは、
バックスタンドのセンター Tribuna Tevere Centrale の13列目(80ユーロ)で、
席に着くと、ちょうどアタッキングサードで、ゴールを45度に見る角度。

写真は、私たちの席から見えたウォーミングアップ。

f3a7afa5.jpeg

















下記のサイトが、ローマ・スタディオ・オリンピコの座席を選ぶ際に参考になるかと。

<Italy Ligue Ticket ベルザキャットの AS ローマチケット情報>
http://www.ryoko-donya.com/TKT/serie_asroma.htm


両チームのウォーミングアップが終わったころに、
私たちの席の横に、続々とオヤジが集合しだし、
1人が来るごとに熱い抱擁が繰り返される。
そうこうするうちに、10人程度のちょいワルオヤジ集団が出来上がる。
禿げ上がり率が高い。

0e595f5b.jpeg

















選手紹介中、ローマサポーターは、
スタンドで発炎筒を焚き、でっかい音の爆発音を轟かせる。
煙は、ちゃんとチームカラーの赤になってる。

b46e7a61.jpeg

















さて、試合はというと、
トッティはもちろん、スナイデル、エトーやスター選手揃いだが、
なかなか得点が入らない。

クリックで拡大
0ed576d5.jpeg

















両チーム得点なしで、ロスタイムへ。
ちょいワルオヤジの集団も帰り支度を始める。
が、76分にトッティに代わって入ったミルコ・ヴチニッチが、ロスタイムに決勝弾を決める。
低いクロスにダイビングヘッドで決勝点を挙げた。

隣に陣取っていたちょいワルオヤジの集団、おおはしゃぎ。
コイツらの一喜一憂が、かなりおもしろかった。

クリックで拡大
fe757532.jpeg

















クリックで拡大
af731747.jpeg

















<イタリア・セリエ A 2010 - 11 第5節> 2010.9.25

AS ローマ 1 - 0 インテル

90 + 2' [1 - 0] ミルコ・ヴチニッチ Vucinic Mirko

大騒ぎのロマニスタの中、スタジアムを後にする。
ちょうど外に出たときに雨が降りだす。
人の渋滞に巻き込まれ、なかなか外に出れない中、雨がどんどん激しくなり、
ロマニスタが次々柵を乗り越えて外に出て行くので、私たちも後に続く。

これが、失敗だった。
柵を乗り越えた後、インテルに勝って興奮中のロマニスタの群れについて行く。
箱乗りして旗を振り、クラクションを鳴らしながら車が横を通過。
でも、行きに渡ったはずの橋がなかなか来ない。

「あれ?迷った?」

バス停を見つけ、地図を見て、現在地とテヴェレ川を確認。
どうやら、スタジアムの東に来てしまったらしい。
橋を見つけてテヴェレ川を渡ると、トラムに行き当たり、
番号を確認すると、ちょうど2系統だった。

びょしょ濡れ状態で、トラム → 地下鉄と乗り継ぎ、宿に帰る。
ものすごく疲れた。

セリエ A ・2010観戦記、これにてやっと終了です。

 

PR

セリエA・2010観戦記 - 10. ASローマvs.インテルを観戦① -

翌日、ナポリからローマへ移動。

私たちが観戦したカード、
ASローマ AS Rome vs.インテル Inter Milano は、ローマのホームスタジアムである
スタディオ・オリンピコ STADIO OLIMPICO で行われた。ス

タディオ・オリンピコへの行き方は、2通り。
①地下鉄A線と2系統のトラム
②テルミニ駅から910番のバス


私たちは、地下鉄A線フラミニオ Flaminio Piazza del Popolo 駅で降りて、
ローマ国立近代美術館 Galleria Nazionale d'Arte Moderna (GNAM)で、
クリムトの「人生の三段階」を鑑賞。

写真は、ローマ国立近代美術館の正面とクリムト「人生の三段階」の看板。

2d045e2f.jpeg


















9086c0dc.jpeg























その後、スタディオ・オリンピコへ向かったので、
経路としては以下。

まずは、地下鉄A線で、フラミニオ Flaminio Piazza del Popolo 駅にて下車。

 → Flaminio Piazza del Popolo(地下鉄A線)

<ローマ地下鉄A線>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84A%E7%B7%9A


ポポロ広場 Piazza Popolo に出て、2系統のトラムへ乗り換え、
終点マンチーニ広場 Piazza Mancini にて下車。所用15~20分です。

 Piazza Popolo → Piazza Mancini

<2系統のトラム、ローマの市内交通>
http://www.atac.roma.it/files/doc.asp?r=2


マンチーニ広場を西に抜けると、テヴェレ川 Tevere に架かる橋が見える。
橋を渡るころには、スタジアムが正面に見える。 徒歩10分程度。

d0c41b55.jpeg

















橋を渡ると、右側にあるオリンピック関連の施設。小豆色だ。

907501c0.jpeg



















 

セリエA・2010観戦記 - 9. ナポリでローマvs.インテル チケット購入 -

2010.9.24、トリノからナポリへ移動。
ナポリ観光の途中、ナポリのチケット販売所へ。
あらかじめ lis ticket で検索をかけていた翌日開催のセリエAチケットを購入。

2010.9.25 ローマ STADIO OLIMPICO
ASローマ AS Rome vs.インテル Inter Milano

この試合は、ローマ開催で、しかも翌日の試合だけど、
ナポリのチケット販売所でも購入可能だった。

3927dde7.jpeg

















検索方法は以下のとおり。

 「ロットマティカ(Lottomatica Italia Servizi 、通称LIS)」

 <lis ticket のホームページ(このURLは英語バージョン)>
http://www.listicket.it/?lang=EN&S=

LIS で販売されるカードの検索は、

トップページの左上の "Search" で、

 "Select city" に「ROMA」

 "Select category" に「CALCIO(SERIE A/B E INTERN)」

 "Select date" はそのまま

で、"Send" をクリックすると、

"TICKET OFFICE" の項に、
その時点で購入できるローマ開催のカードが表示される。

表示されたカードをクリックすると、詳細が表示され、

On sale on:

 "Buy on Internet" ← オンライン予約販売

 "Listicket network ticket points" ← イタリア国内の販売所での販売

 "Promoter ticket points" ← 主催者チームの販売所での販売

それぞれ、緑色の On sale になれば、販売開始。
クリックで先に進めます。

ここでは、

 "Listicket network ticket points" ← イタリア国内の販売所での販売

をクリック。
すると、"SALE POINTS" の項に飛び、地図が表示される。

"Select area" で、例えば、ローマなら「RM」、ナポリなら「NA」を選択すると、
地図上に  Lis  ticket  のバーナーが表示される。

バーナーをクリックすると、販売所の住所が地図上に表示される。
その住所を頼りに、現地で発売所を探す。



ナポリのチケット発売所の住所は、ウンベルト1世のガレリア Galleria Umberto 1。
現地に行ってみると、天井がガラス張りのアーケードにびっくり。
ナポリの主要なショッピングエリアの一つらしい。

bb391e09.jpeg























販売所は、そのアーケード内の1階の一角にひっそりとあった。
たどたどしい英語を駆使し、どうにかチケットを購入することができた。

私たちが購入した席は、
バックスタンドのセンター Tribuna Tevere Centrale の13列目で、80ユーロ。



ちなみに、ナポリ観光はというと、
まず、王宮 Palazzo Reale とプレビシート広場 Piazza del Plebiscito へ。

8feb0f88.jpeg

















プレビシート広場の近くの小路にある
マルゲリータ発祥の店ブランディ Brandi で、マルゲリータを堪能。

3f6f8e4c.jpeg

















続いて、卵城 Castel delle'Ovo へ。

cade8eb7.jpeg

















サンタ・ルチア港 Santa Lucia からヴェスビオ火山を望む。

e33f9a46.jpeg

















夕食は、念願のボンゴレビアンコ。

eb45879a.jpeg



















 

セリエA・2010観戦記 - 8. トリノからモンブランを観に行く -

ものすごい時が経ったけど、モンブラン観光編を更新します。


ユースホステルからバスで、ポルタ ヌォーバ駅 Porta Nuova へ。

さて、モンブランへは、汽車で、

 トリノ ポルタ ヌォーバ駅 Porta Nuova → アオスタ Aosta
  → プレ・サン・ディディエール Pre Saint Didier

イタリア国内の鉄道パスを事前に購入していたので、1日目を使用した。
朝8:25の汽車に乗り、プレ・サン・ディディエールに着いたのは、11:40。
全部で3時間ぐらい。
しかも、汽車は平気で遅れる。トリノ発の汽車も出発が、20分ぐらい遅れた。

0cb2b356.jpeg

















プレ・サン・ディディエールからはバスを乗り継ぎ、

 プレ・サン・ディディエール Pre Saint Didier → クールマユール Courmayeur
  → ラ・パルー La Palud

3a093999.jpeg

















が、プレ・サン・ディディエー駅で降りたのは、私たち2人と欧米人の男性1人。
3人でバスを待っていたが、一向に来ない。
写真の男性は諦めたのか、どこかへ歩いて行く。

8928b55f.jpeg

















周りに何もない寂しい駅前で、結局、バスを1時間待つことになる。

6f98a60e.jpeg























その間、駅に併設されている BAR に、クルマで昼食を食べに来る人が数人。
やっと来たバスに乗り、クールマユールに到着。

a3facfdf.jpeg

















さらに、バスを乗り継ぎ、ロープウェーのあるラ・パルーへ。
現地の小学生が次々乗り込んでくる。通学に使ってるのか?
ラ・パルーに着いたのは、午後2時前。

5c2a8a7e.jpeg

















ロープウェーを3本乗り継いで、プンタ・エルブロナー Punta Helbronner へ。
ここが、イタリア側の最高到達点、3,462m。

ロープウェーは、往復で35ユーロ。

プンタ・エルブロナーの展望台にはフランスとの国境を示す白い線がある(写真右)。

dc90cdbd.jpeg

















モンテビアンコが、間近に見える。

7ed6c9ff.jpeg

















イタリア側の最高到達点、3,462mの看板越しのモンテビアンコ。

fb237d2d.jpeg

















帰りは、バスで、アオスタまで行く。

 ラ・パルー La Palud → クールマユール Courmayeur
  → アオスタ Aosta

アオスタに着いたのが、ギリギリで、
17:34発のトリノ行きの列車に乗るために、バスを降りて猛ダッシュ。
トリノに帰り着いたのは、午後8時前。

 アオスタ Aosta → トリノ ポルタ ヌォーバ駅 Porta Nuova

モンブラン観光は一日がかりです。


トリノはすっかり夜で、流行ってるトラットリアに飛び込んで、
夕食は、うさぎの煮込み料理とハウスワイン。
イタリアの北部は、ジビエ料理が豊富らしい。かなり美味い。

b38174f8.jpeg


















aaab31ae.jpeg

















かなり疲れて、ユースホステルに帰る。

 

セリエA・2010観戦記 - 7. トリノでユヴェントスvs.パレルモを観戦② -

19時過ぎになると、スタディオ・オリンピコのセキュリティーゲートに客がちらほら。
写真を見てもらえば分かるが、
けっこう厳重な感じで、係員がゲートに張り付いている。
この係員にチケットとパスポートを提示し、本人確認されて、荷物チェックされて、
やっと、入場できた。

でも、ローマでの話だけど、
ローマサポーターは、スタンドで発炎筒を焚き、でっかい音の爆発音を轟かせていたので、
係員のチェックもいい加減なのかもしれない。

0afa2084.jpg

















ユヴェントス、練習開始。

7627d6f3.jpg

















私たちが購入した Tribuna Est Centrale のエリアは、バックスタンドのセンターで、
実際に座ってみると、見易くて、とてもいい席だった。
70ユーロなら、ありだ。

先発の発表で、ゴール裏のユヴェンティーノが大騒ぎ。
応援歌の大合唱。

ab8d670f.jpg

















選手整列。

4e4b6d5c.jpg

















試合開始。
が・・・パレルモ、パストーレ、ゴール!
開始わずか2分。

パレルモ、さらに、押す。

82407148.jpg

















ユヴェントス、盛り返す。
デル・ピエロのフリーキック3連続も決まらず、前半終了。

クリックで拡大
695c22d1.jpg

















クリックで拡大
9baa357b.jpg

















クリックで拡大
dc7fe740.jpg

















後半、パレルモに2発決められ、1点返すもそこまで。
ユヴェンティーノ、がっくし。

5d5e39bc.jpg

















<イタリア・セリエA 2010-11 第4節> 2010.9.23

ユヴェントスFC 1 - 3 USチッタ・ディ・パレルモ

02' [0 - 1] ハビエル・パストーレ
62' [0 - 2] ヨシプ・イリチッチ
85' [0 - 3] チェーザレ・ボヴォ
87' [1 - 3] ヴィンチェンツォ・イアクインタ

アルゼンチン代表のハビエル・パストーレ Javier PASTORE が、キレキレの試合やった。

帰りに、スタジアムのユヴェントスグッズショップで、
ユーヴェファンの弟は、デル・ピエロのユニホームを購入。
その場で、ユニホームの背に背番号をプレスするのには、びっくりした。

今夜の宿のホテルに帰ると、地元のテレビ局では、
スポーツキャスターが、大きなアクションでユヴェントスの惨敗を嘆いていた。


さて、時を戻して、3日目の朝、
ユースホステルをチェックアウトし、
ポルタ ヌォーバ駅 Porta Nuova の少し西側にあるホテルに移動した。

午前中は、トリノ市内のカステッロ Castello 広場周辺を観光。
トリノ王宮 Piazzetta Reale di Torino と王宮博物館、ドゥオーモ Duomo と周り、
最後に、ユヴェントスストアー Juventus store で、グッズを購入。

で、ホテルで時間を潰して、サッカー観戦に出かけたというわけです。

 

 プロフィール 
HN:
hanta
性別:
男性
自己紹介:
競馬新聞「馬並」の元・トラックマンhantaです。
好きな馬、ミスターシクレノン、ベガ、ナリタトップロード。
 最新コメント 
[06/29 アメボス]
[11/15 NONAME]
[11/10 NONAME]
[11/06 NONAME]
[11/02 もんこ]
 最新TB 
 アクセス解析 
▼ カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
▼ 広告
▼ ランキング