忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2017.11.19 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マジャルダービー・2012 - インペリアル Imperialって? -

前回、銅像をみつけたインペリアル Imperial について。

改めてググって調べると、
「For Ground Design of Thoroughbred 」というサイトの
" ドイツの血統・プリンスイッピ " の項が詳しい。

ハンガリー語のウィキペディアも調べる。
<インペリアル Imperiál のハンガリー語のウィキペディア>
http://hu.wikipedia.org/wiki/Imperi%C3%A1l

まとめると、

インペリアル Imperial
 牡 1960 - 1989 、ハンガリー産。父 Imi (HUN) 牡 1953 、母 Hurry (HUN) 牝 1952 。
 通算成績25 戦20 勝。
 マジャルダービー、マジャルセントレジャー、オーストリアダービーなどを制し、
 東欧圏では不敗の名馬。
 目立った産駒では、イタリア大賞を制したプリンスイッピPrince Ippi (GER) 牡 1969 、
 ハンガリー三冠馬Bilbao (HUN) 牡 1974 。


調べるにつれ脱線。

ハンガリー牡馬三冠は、次の3 つ。
 ネムゼティ賞Nemzeti Dij 1600 m
 マジャルダービーMagyar Derby 2400 m
 マジャルセントレジャーMagyar St. Leger 2800 m

三冠馬は、
Try Well (HUN) 牡 1933 、Bilbao (HUN) 牡 1974 、April Sun (HUN) 牡 1996 、
Saldenzar (GER) 牡 2004 の過去4 頭。


さらに、脱線。
「Am langen Zugel 」というブログの
" ケンタッキー・ダービー馬Animal Kingdom の母 Dalicia とその牝系 "
に辿り着く。

ケンタッキーダービー、ドバイワールドカップを制した
アニマルキングダム Animal Kingdom の牝系が、
Imperial の父 Imi の牝馬に遡るそうだ。

JBIS-Search 」で、アニマルキングダム Animal Kingdom の血統表を右下へ6 代遡る

ダリシア Dalicia (GER) 牝 2001
 → Dynamis (IRE) 牝 1991
 → Diasprina (GER) 牝 1986
 → Dorle (GB) 牝 1974
 → Diu (GER) 牝 1969
 → Didergo (GER) 牝 1962

 Didergo (GER) の父が Imi (HUN) 牡 1953 。

ダリシア Dalicia は、現在社台で繋養されている。
産駒は、
 2010 年度、ニューキングダム (父 Mr. Greeley) 現役 牡3 歳
 2011 年度、ネオユニヴァースの牡馬
 2012 年度、ハーツクライの牡馬
 2013 年度、ディープインパクトの牡馬


また、Prince Ippi (GER) を父に持つ牝馬を基礎とした血統も社台にいる。

アンナモンダ Anna Monda (GER) 牝 2002 父 Monsun 。
 → Anna of Kiev (GB) 牝 1990
 → Anna Matrushka (GB) 牝 1984
 → Anna Paola (GER) 牝 1978

 Anna Paola (GER) の父がPrince Ippi (GER)。

アンナモンダ Anna Monda (GER) の産駒は、
 2007 年度、リリエンタール (IRE) (父 Montjeu) 現役 牡6 歳
 2008 年度、アンナドンナ (父 Galileo) 引退 牝
 2009 年度、モントリヒト (父 アグネスタキオン) 現役 牡4 歳
 2011 年度、マンハッタンカフェの牝馬

これからデビューするダリシアとアンナモンダの産駒の走りが楽しみです。


 

PR

マジャルダービー・2012 - キンチェムパーク競馬場へ 2 -

前回の続き。

2 コーナー → 1 コーナーとトラックに沿った通路を正面へ歩いていく。
途中、柵にぶら下がって競馬を観戦している親子がいた。

外ラチが生垣になっていて、その外側に馬場と歩道の境の柵がある。
ちょうど、2 コーナーと1 コーナーの真ん中あたりで柵が切れていて、
写真にあるように、アバウトにテープがかかってる。
あとで、チェックすると、トロットがここから出入りしていた。

クリックで拡大。
5b2bdd68.jpeg

















見ると、すぐ横に厩舎エリアがあって、
観戦していた親子は、たぶん厩舎関係者だろう。

a7fac96e.jpeg

















で、1 コーナーを回って、スタンドに近づくと、
馬の銅像を発見。

4acf4df1.jpeg

















写真をよく見てもらうと、
銅像の右横のベンチにオヤジが2 人座ってくつろいでいる。
(実は、こいつら、明日も同じところにいる)

キンチェムかと思って銅像に近づくと、インペリアル Imperial ?
どっかで聞いたような?ダビスタの血統で見た?

cee12629.jpeg

















先ほどのじいさんが先を行ってる。追跡せんと。
すると、じいさんはスタンド脇の階段を登って、スタンド席に向かった。

08d2967e.jpeg

















じいさんは、スタンド席で旧友と談笑している。
たぶん、毎回同じ場所に2 人はいるんだろう。
お気に入りのエリアかな。

そのままスタンドに入れたことから、入場料は無料だった模様。


 

マジャルダービー・2012 - キンチェムパーク競馬場へ -

キンチェムパーク競馬場へは、
地下鉄のM2 号線(red line )の終点からひとつ手前のピランゴー通りPillangó utca 駅が最寄。

ブダペスト市内交通には、ハンガリー政府観光局のサイトが詳しい。
<ブダペスト交通案内>
http://www.hungarytabi.jp/g08sight.htm

2012/6/30 。この日は、トロットのみの開催。

キンチェムパーク競馬場のサイトで、
1 R が14 : 00 に始まるらしいとチェックしていたので、
午後に入ってからゆっくり出かける。
最寄り駅に着いたのは、15 時ちょっと前。

写真は、ブダペストの地下鉄と最寄りのピランゴー通りPillangó utca 駅。
ブダペストの地下鉄に降りていくエスカレータは、けっこう速い。
最初に乗ったときは、ビビッた。

ブダペストの地下鉄。車両が古い。

4f156885.jpeg

















最寄りのピランゴー通りPillangó utca 駅。

759ccb52.jpeg


















268d9f02.jpeg

















ピランゴー通り駅のホームに降り立つと、右手に競馬場が見える。方角的には南側。
しかし、北側へしか出口がなかった。

それらしきじいさんの後をついて行く。
私が初めての競馬場に行ったときの常套手段。

駅から少し歩いたところに地下道のゲートがあり、じいさんは入って行く。
"KINCSEM PARK BEJÁRAT " と書いてあり、安心する。

022d534f.jpeg

















で、地下道をくぐって地上に出ると、なんと向正面に出る。

c84d2286.jpeg

















向正面からスタンドへの地下道はなく、
2 コーナー → 1 コーナーと、トラックに沿って歩いて行くしかないようで、
競馬場正面に通じているであろう通路をじいさんの後についてとぼとぼ歩いていく。

写真は、先を歩くじいさんと通路の入り口。

22feadd5.jpeg



















 

マジャルダービー・2012 - ハンガリーへ -

オーストリアダービーの翌日、列車でハンガリーへ入国。
首都ブダペスト Budapest に辿り着くまで、私はちょっと寄り道した。
ざっと、経緯を書きます。

まず、ウィーンからハンガリーのザラエゲルセグ Zalaegerszeg へ。
乗った列車は、

 Wien Meidling 07:02 → D 285 (列車番号) → 09:46 Zalaszentiván
 Zalaszentiván 09:49 → D 950 (列車番号) → 09:57 Zalaegerszeg

オーストリア連邦鉄道ÖBB のサイト。鉄道の乗り継ぎ・時刻等が検索できます。
<ÖBB travel portal のHP>
http://www.oebb.at/en/index.jsp

私が利用したのは、ウィーンからクロアチアのザグレブ Zagreb 行きの列車 D 285 。
Zalaszentiván で、ローカル列車 D 950 に乗り換えた。

写真は、ウィーン Wien Meidling 駅に入ってくる列車 D 285 。

a1315299.jpeg

















そして、ザラエゲルセグからバスでヘーヴィーズ Hévíz へ。

 Zalaegerszeg, autobusz allomas 10:40 → 1625 / 205 (バス番号) → 11:30 Hévíz, autobusz allomas

ハンガリー国内バスVolán のサイト。バスの乗り継ぎ・時刻等が検索できます。
<Volán のHP>
http://ujmenetrend.cdata.hu/uj_menetrend/volan/

写真は、ザラエゲルセグのバスセンター。

f1e0a620.jpeg

















ヘーヴィーズ Hévíz は、ヘーヴィーズ温泉湖が目当てで、4 泊もしてしまった。
のんびりするにはとてもいいところで、温泉湖でプカプカしているのは最高だった。

<ヘーヴィーズ Hévíz のHP>
http://www.heviz.hu/en

ヘーヴィーズに滞在中に、バスでケストヘイ Keszthely に行き、
ハンガリーカードを購入。

このカードがすごい。
ハンガリー国内の鉄道・バスが、50 % OFF になるチケットが付いていたり、
温泉や観光施設が割引になったりする。
後々、詳細記事を書きたいと思ってます。

<ハンガリーカード Hungary Card>
http://www.hungarycard.hu/


そして、ハンガリーカードのバス50 % OFF チケットを1 枚使って、
ヘーヴィーズからブダペスト Budapest へ移動。

ブダペストに着いた翌日の土曜に、
キンチェムパーク競馬場(キンツェムパークの表記もあり)に出撃した。


 

 
 プロフィール 
HN:
hanta
性別:
男性
自己紹介:
競馬新聞「馬並」の元・トラックマンhantaです。
好きな馬、ミスターシクレノン、ベガ、ナリタトップロード。
 最新コメント 
[06/29 アメボス]
[11/15 NONAME]
[11/10 NONAME]
[11/06 NONAME]
[11/02 もんこ]
 最新TB 
 アクセス解析 
▼ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
▼ 広告
▼ ランキング