忍者ブログ
選択したカテゴリの記事一覧

[PR]

2020.04.02 - 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドバイワールドカップ・2010 - 9. レーシングプログラムを探すも -

まだ外は暑いので、空調の効いたPremium Seating 3の屋内エリアに戻る。

入場時に渡されたPick 7を考えるために、
レーシングプログラムを探すこと。
が、入場口の係りの人に聞いてみるが、手元にないらしい。
他の入場口にあるのかな?と、
Gate B、Cの方に行ってみたが、結局、手に入らなかった。残念。
ちなみに、Gate B、Cは長蛇の列。

日本に帰ってから調べると、
私と同じくレーシングプログラムを手に入らなかった人がいる一方で、
ツアーで観戦した人たちには配られたそうだ。


さて、Pick 7 Competitionについて。
2Rから8Rまでの7つのレースの単勝を当てるPick 7、
各レースの3連単が3Rから8Rまでの6レース分。
計7つを予想する。

当たればシェイクからプレゼントがもらえるらしい。
何がもらえるのかは知らないが、
馬券の発売がないイスラム国UAEならではのものだと思う。

私も予想したが、日本馬以外の出走馬はさっぱりなので、
当然かすりもせず。

投票した後の控え

892662e3.jpg





















1Rまでまだ時間があったので、
1人で来ていた日本人のダンディーな紳士としばらく談笑して時間をつぶし、
売店でシンガポールヌードルなるものを買って食べる。

a6742d3c.jpg







 








 

本館 ただいま静養中

PR

ドバイワールドカップ・2010 - 8. メイダン競馬場を散策② -

「次はパドックの方へ行くか」

と、本馬場に向かって左の方へ歩いていく。

ゴール板。

f713aa58.jpg















王族が陣取る貴賓席。

0d1df2b5.jpg















あとのことだけど、
馬道の柵越しに馬待ちをしていると、
ドバイの首長シェイク・モハメッド殿下が、
ぞろぞろと王族を従えて普通に歩いてきて、ビックリ。
自分と1mも距離がなかった。
ほんとに警備がゆるい。


プレゼンテーションエリアに行くと、
トロフィーが並んでいた。

e54d8ad3.jpg















続いて、パドック。

a27c7082.jpg















パドックと本馬場は馬道で繋がっていて、シンプルな造りだと思う。
パドックからは、馬道をそのまま通って芝コースに出れるようになっていて、
内側のオールウェザーコースへは、地下馬道を利用する。

馬道を通る出走馬を柵越しにすぐ近くで見れるのが、
Premium Seatingエリアチケットの特権かな。


馬道を歩くゴドルフィンマイル GODOLPHIN MILEの出走馬たち

acd00182.jpg















外側の芝コースへは、馬道からそのまま。
レッドディザイアとC.スミヨン、芝コースへ。

53824eee.jpg















内側のオールウェザーコースへ行くには地下馬道を。
グロリアスノアと小林慎一、地下馬道へ。

7a5f1208.jpg















馬道の柵からターフビジョンを望む。
三菱電機製の世界最大・最長のオーロラビジョンらしい。

a4526cdf.jpg















 

ドバイワールドカップ・2010 - 7. メイダン競馬場を散策① -

Grand Levelエリアに下り、
メイダン競馬場 Meydan Racecourseの散策開始。

「ホテルの方へは行けるの?」

と、本馬場に向かって右手のホテルの方に行くと、
なぜか芝コースの目の前まで入れた。
芝コースの内側が、オールウェザーコースになっている。

芝コースゴール板方向

9956fb7e.jpg















芝コース1コーナー

e39a87b4.jpg















記念に芝を踏んでみた。警備がゆるい。

ef58d8b9.jpg
















私の後から、日本人の若者2人が来たので、
写真を撮ってもらう。

26a5f1ec.jpg















聞けば、2人はツアーで来たらしい。
もうすでにお土産の袋を持ってる。
どこでお土産を買ったかを尋ねると、
Apron Viewsのエリアにギフトショップのテントがあるそうだ。

後でわかったことだが、
RACE 7のドバイシーマクラシック後のパフォーマンスの時に、
ギフトショップに行ったら、すべての商品が半額で投売りされていた。
私はドバイワールドカップキャップを3つ、半額でゲット。

ドバイワールドカップ・2010 - 6. 指定席 Premium Seating 3 -

入口で、Pick 7のマークカードが手渡された。
日本馬以外の出走馬はまったく知らないので、絶対当たらない。
だから、あんまり興味なし。

さて、入場したフロアーはLevel2(2階)にあたり、
Premium Seating 3の屋内エリアになっている。
空調が効いていて快適。
売店があり、ビールやワインなど飲み物と軽食が購入できる。
エスカレーターでLevel1(1階)に下りると、前述のMeydan Galleryがある。

屋内エリアから、ガラスのドアを開けると、
屋外の観戦席になっている。
シートにはドリンクホルダーが付いていて、
各ドリンクホルダーにオフィシャルブックが丸めて入れてあった。

クリックで拡大(再掲載)
e16df4af.jpg
















屋外の観戦席を下りていくと、
日本の競馬場と同じくGrand Levelになり、馬場手前まで行けます。

ここで、気づいたことが。スタンドの構造がヘン。

Premium Seating 3の屋内エリアが閉じた空間で、
両隣のエリアに屋内から移動できず、一度、屋外に出て、
Grand Levelから他のエリアに移動しなければいけない。
なんでこんなめんどくさい作りにしたんだろうか?
しかも、内部は高い吹抜けになっていて、
「吹抜け部分をフロアーにしたらいいのに」と思った。

b7550844.jpg















 

ドバイワールドカップ・2010 - 5. メイダン競馬場に到着するも -

3月末だけど、ドバイはなかなか暑い。
トボトボと日差しの中を10分ぐらい歩くと、
案外迷うことなく、
Premium Seating 2、3の入場ゲートに13時頃辿り着いた。

メイダン競馬場 Meydan Racecourseのエリアマップ

クリックで拡大
d05ca444.jpg











でも、まだ開場していない。
しばらく建物の陰で日差しを避けていたが、
なかなか時間は潰れないので、そこら辺を散策することにした。

着飾った婦人、発見。
ドレスアップした婦人たちのコンテストがあるらしい。

6190581f.jpg















たぶん、装鞍所。スタンドの外にある。

971e17d5.jpg















ブルジュハリファが見える。

0290218b.jpg















14時前にやっと入場できた。
入場の際には、空港の金属物チェックのような検査あり。

70e20df7.jpg















 

 プロフィール 
HN:
hanta
性別:
男性
自己紹介:
競馬新聞「馬並」の元・トラックマンhantaです。
好きな馬、ミスターシクレノン、ベガ、ナリタトップロード。
 最新コメント 
[06/29 アメボス]
[11/15 NONAME]
[11/10 NONAME]
[11/06 NONAME]
[11/02 もんこ]
 最新TB 
 アクセス解析 
▼ カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
▼ 広告
▼ ランキング